• ホーム
  • フィリピン経済と貧困格差

フィリピン経済と貧困格差

フィリピン経済と貧困格差

フィリピン経済指標

現地通貨

ペソ

 

実質GDP成長率

6.7%(2017年)

 

名目GDP総額

2,976ドル(2017年)

 

鉱工業生産指数伸び率

-0.8%

 

消費者物価上昇率

2.9%

 

失業率

5.7%

 

輸出額

68,713百万ドル

 

輸入額

96,093百万ドル

 

経常収支

-2,163百万ドル

 

貿易収支

-27,380百万ドル

 

金融収支

-2,664百万ドル

 

直接投資受入額

2,097百万ドル

 

政策金利

3.0%


フィリピン探偵調査室
無料サポート

電話無料相談
現在お抱えのお悩み事や調査についてのご相談は、24時間専用フリーダイヤルでお受けしております。全国どこからでも、いつでもご利用可能ですので、ひとりで悩まずに必ず専門家へご相談ください。

フィリピンの経済成長率

GDP成長率を支える海外労働者

フィリピンが今後経済成長を期待されている大きな理由として、「平均年齢の若さ(24歳)」と「人口増加率の高さ」が挙げられます。

 
特に全人口の1割である1,000万人を超える海外労働者が、アメリカ・アジア・中東・ヨーロッパの各地で収入を得て母国に送金することで、6%以上のGDP平均成長率を実現している点がフィリピンの大きな特徴です。

 
昨今、国内において大規模なインフラ設備投資を行っていることもあり、労働力不足を解消するためにフィリピン政府は、出稼ぎ労働者のスキルや能力に見合った待遇や給料を提示し、呼び戻すことで問題を解決しようとしています。


フィリピン探偵調査室
無料サポート

メール無料相談
電話では話しずらかったり相談内容を聞かれたくない場合、料金の詳しい見積もりを希望される方は、専用メールフォームをご利用ください。送信後24時間以内に必ず専任担当者から返答します。

フィリピンの高い貧困率

貧困率50%の現状

経済が順調に推移している中、貧困率が50%近いという理由は「貧困格差」が原因と言えます。フィリピンの貧困格差は、実際にフィリピン国内を歩いてみればすぐに実感できます。ショットガンや拳銃を携帯した守衛に守られた高い塀で囲まれたビレッジは、富裕層が居住するエリアで中には大きなプールがついた豪邸が立ち並び、複数のメイドが雇われ家事・育児に勤しんでいます。

 
そんなビレッジの外はまさに別世界です。電気・ガス・水道といったインフラもないバラック小屋での生活を送る人々で溢れています。車の排気ガスによって体中がすすけて黒く、路上で寝起きして、子供たちは学校にも行けず、毎日ただ生きることの繰り返しを余儀なくされている人たちが数多くいます。

 

貧困の連鎖

貧困にあえぐ人々が数多く存在する理由は明確に存在します。それは公平なチャンスが全くないためです。フィリピンの貧困者にはチャンスが与えられていません。フィリピンの未就学率は10%と高く、小学校にさえ通えていない子供たちがたくさんいます。

 
未就学児童のほとんどは、生きるためにお金を稼ぐことを選択しています。家計を支えるため、信号待ちの車の窓を洗ったり、路上で花を売ったり、駐車場で交通整理をしたり、子供たちは毎日働いています。

 
そのような生活にはチャンスが一切ありません。毎日わずかな小銭を稼ぐために働き、彼らも大人になります。ですが、まともな教育を受けていない彼らに、まともな仕事はありません。貧困は死ぬまで彼らにつきまといます。努力のいかんに関わらず、生まれた時点で生涯が決まるため、彼らの子供も同様の生活を強いられます。それこそ「貧困の連鎖」であり、夢も希望もないのです。


フィリピン探偵調査室
無料サポート

料金見積もり
調査料金見積もりは、電話・メール・FAXなどで365日24時間お受けしております。現在のお悩み事やご要望、お持ちの情報を詳しくお聞かせいただくことで、料金見積りをすぐにご案内できます。低費用プランや予算に応じた調査プランをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 
フィリピン探偵調査相談窓口


ご相談はこちら(24時間受付)

はじめてのご相談はこちら

はじめての方へ

  • はじめてのご相談はこちら
  • はじめてのご依頼ガイド

フィリピン探偵調査
24時間 解決サポート無料相談

はじめてのご相談はこちら
あなたが抱えるお悩み事やお調べになりたい事柄、調査料金に関する質問などいつでもご相談ください。24時間以内に回答します。
  • ※送信した情報は暗号化されますのでご安心下さい。
  • ※24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい。
  • ※お急ぎの場合は電話無料相談にてご相談いただけます。
  • 【通話無料・24時間365日対応】: 0120-130-190
お名前(匿名でも可)
性別
男性 女性
お住まいの地域
ご連絡先(固定電話・携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

ご相談内容 ※調べたい内容など
現時点の情報
ご質問・ご要望
希望予算
円くらい

フィリピン経済と貧困格差

一人で悩まずに、必ずご相談ください。
一人で悩まずに、必ずご相談ください。
全国共通・24時間受付
<全国共通・24時間受付>
0120-130-190